音楽CDリッピング「fre:ac」

エンコーダを内蔵し高速処理が可能な音楽CDリッピングツール。

スポンサードリンク


fre:ac fre:ac  ダウンロード(公式サイト)  fre:ac Portable版 動作環境:Windows 9x/2000/XP/Vista/7 管理人・作成者:Robert Kausch氏

fre:ac Shot1

音楽CDのリッピングから音楽ファイルを一括変換できる便利なオーディオエンコーダーで外部エンコードも内蔵されている。
海外ソフトだが日本語に対応する。
(Options → General sittings → LanguageタブよりJapanese/日本語を選択)

fre:acの使い方を説明(音楽CDからMP3にリッピング)
fre:acのリッピング方法は非常に簡単です。
1:まずはfre:acを立ち上げます。当然ながらなにも無い状態です。
fre:ac Shot6

2:リッピングしたい音楽CDをパソコンに挿入し、fre:acのファイルから追加→オーディオCDコンテンツを選択します。
fre:ac Shot7

fre:acに音楽CDの読み込みが始ります。なお読み込みが始まった時点で自動的にCDDBに問い合わせを行い曲名などの情報を取得します。
fre:ac Shot8

別でCDDBに問い合わせも可能ですがほとんどの音楽CDは自動で取得されます。
fre:ac Shot5
曲情報を取得してトラック、時間、サイズ等を表示されます。
これでエンコードの準備ができました。

3:エンコードを行う前に出力先の確認、エンコーダの確認(LAME MP3 Encoderを推奨)します。(オプション→一般設定より)
fre:ac Shot9

4:エンコードボタン開始を押すと音楽CDをMP3にリッピング開始します。
fre:ac Shot10

fre:acはPortable版もエンコーダを内蔵しており、USBメモリーにて持ち運びが可能。(外出先でも気軽に音楽CDのリッピングが可能)
(お勧めのエンコーダ LAMEも内蔵している)
fre:ac Shot2

主に便利なのがオーディオエンコーダーでMP3、MP4、ogg、wave、voc、accなど音楽ファイルを別のオーディオファイルにに一括変換できる。 手持ちの音楽ファイルをMP3プレイヤーやiPodなど対応する形式に変換できる。
よく使うと思われる音楽CDのリッピングだが処理速度が速くて非常に重宝している。
音楽データベース(CDDB)から曲名などの取得も可能で更に自動取得も可能で非常に便利だ。
fre:ac Shot3
各種エンコーダの設定、ID3v1, ID3v2タグ、Vorbisコメントタグ、MP4メタタグの書き込み、ピュレピュー再生なども可能だ。
最新バージョンではマルチコアCPUへの対応が強化され、エンコード・デコード処理が高速化されている。

以前は「BonkEnc」という名前のソフトだったが最新版は「fre:ac」(フリーク)となっている。

同じようなCDリッピングソフトでCD2WAV32がありますが、CD2WAVE32でリッピングできない音楽CDでもfre:acなら問題なく音楽CDリッピングが可能でした。
スポンサードリンク

関連ツール(関連サイト)

 CDex
楽曲情報を取得可能で音楽CDをMP3に変換する定番フリーソフト

 Rip!AudiCO FREE
様々な音声ファイルを相互変換できる便利な音声ファイル変換ツール

CD2WAV32 CD2WAV32
音楽CD(CDA)の音声データを吸い出してWAV、MP3にエンコード

 Media.io
多数の音楽ファイルをMP3,WAV,WMA,OGGに変換するウェブサービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です