AIMP Potable

多くの音楽形式に対応したシンプルな音楽プレイヤーAIMPのPotable版。

スポンサードリンク


 AIMP Portable 公式サイト 動作環境:Windows 管理人:AIMP



シンプルで多機能な音楽プレイヤーAIMPのPotable版。
海外ソフトだが標準で日本語に対応している。

コンパクトな設計で多くの音楽ファイル形式に対応している。
MP3、AAC、OGG、WMA、WAV、CDA、MP4、MID…と一般で使える音楽ファイルは再生できる。
更にプレイリストにも対応PIC、M3U、ASX、PIS、CUE…

音声も高音質でさらにイコライザーなども標準装備しているので自分好みの編集なども可能だ。
使い方などはWinampと非常に似ている。

なおロシア製のソフトだが標準に日本語対応されている。
AIMP Potable版のインストール方法。
公式サイトよりダウンロード、ZIPファイルを解凍しaimp_x.xxxx.exeをクリック(xxxはバージョン)
ダウンロード先などをUSBメモリーに指定しする。
ここの画面でPotable versionを選択すること。


その後AIMPを立ち上げ日本語にする。 日本語化はAIMP本体の左上をクリックしLanguageを選択。


次にJapaneseを選択すると日本語化が完了する。


使い方はWinampに似ているが、非常に高機能でやはり軽快に動作するのが嬉しい。
プレイリストへ大量に登録してもストレス無く再生できる。

リピート機能、タグ編集、音程の変更、プレイリストのコンバーター(分割処理)、独自のオーディオライブラリ管理(オーディオファイルのエクスプローラーで詳細な情報表示など)、スキンを利用してスタイルのカスタマイズ…
スポンサードリンク

関連ツール(関連サイト)

foobar2000 foobar2000
軽快さを追求した人気の音楽プレイヤー

Portable Winamp Portable Winamp
好きな音楽を楽しめるプレイヤー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です