MailStore Home

複数メールソフトのデータをローカルにバックアップし参照や復元するメール管理ソフト
スポンサードリンク

MailStore Home MailStore Home 公式サイト(ダウンロード) Windows 2000/XP/Vista/7 deepinvent Software GmbH

MailStore Home shot1

MailStore HomeはMicrosoft Outlook、Windows Mail、Windows Live Mail、Mozilla Thunderbird、Google Mailなど複数メーラーのメールデータをローカルにバックアップしメールの内容を参照したり他のメーラーにエクスポートしメールソフトの引っ越しなどもできるメールバックアップ管理ソフト。

メールソフトはビジネス用からプライベートまで色々なアドレスやメールソフトを使っていると思うが複数メーラーを一つのソフトで参照できるのが便利でGoogle Mailもローカルに保存し参照することも可能だ。

MailStore Homeがバックアップできるメールソフトは主要なメールソフトから他のPOP3やIMAPサーバー上のメールもバックアップできる。
バックアップしたメールデータは「MailStore Home」にてアカウントごとツリー上に管理され参照することが可能な他、全てのメールデータを検索することも可能だ。


MailStore Homeにてメールのバックアップ方法だが画面中央部にある「Archive E-mail」を選択する
MailStore Home shot2

次に保存するメールソフトを選択する
(ここではThunderbird Portableを保存してみる Mozilla Thunderbirdを選択)
MailStore Home shot3

次にメールの保存先フォルダを選択する(ここでは Browse…を押して次に進む)
MailStore Home shot4

フォルダーの参照画面が開くので保存する ThunderbirdPortable を選択する
MailStore Home shot5

次にまた設定画面が表示されるがここではそのまま Finish で終わる
MailStore Home shot6

すると始めの画面に戻り保存するメール情報が表示される 保存実行するには Run を押す
MailStore Home shot7

すると「MailStore Home」フォルダ内にある「Dataフォルダ」にバックアップが開始されるようだ。

保存が完了し保存したメールを参照するには画面左にある「My Archive」より参照ができる。
MailStore Home shot8

「MailStore Home」は海外ソフトで日本語には対応していないが表現が難しくないので使えるのではないだろうか。
色々なメールソフトを一括にて参照でき、また外部にもメールデータをバックアップもできるので万が一に備えて利用するのもよいと思う。 また、「MailStore Home」はUSBメモリーからも起動が可能。
MailStore Home shot9

USBメモリーで利用する時はインストール時に Portable version を選択しUSBメモリーにインストール。
スポンサードリンク

関連ツール(関連サイト)

KLS Mail Backup KLS Mail Backup
ブラウザやメールのデータや設定をまとめてバックアップ(復元も可)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です