青空文庫を読める青空文庫リーダー「smoopy」

青空文庫を快適に読める青空文庫リーダー。

スポンサードリンク


 smoopy ダウンロード 動作環境:Windows 管理人:糸口 氏



「smoopy」は青空文庫を快適に読めるテキストビューアでレジストリを使用していないのでUSBメモリーからも起動できる。

青空文庫とは著作権が切れた小説や評論などを電子書籍(HTML形式、テキスト形式)として掲載しているサイトでその作品数は1万以上と大量にあります。
青空文庫をそのままHTML形式(XHTMLファイル)をブラウザで見ると、普通の横文字で書かれた文書ですが、この「smoopy」で開くと縦書きに変換して表示し、あたかも文庫を読む感覚でとても読みやすいです。(文庫などはやはり縦書きが良いと思います。)

「smoopy」の使い方ですが、まずは青空文庫より読みたい文庫をダウンロードします。
ここで注意するのがテキストファイルのルビありをダウンロードして下さい。


ダウンロードが終わり、ZIPなら解凍するとテキストファイルがあります。
smoopyを立ち上げてテキストファイルをドラッグ&ドロップすると読めます。


短い文庫などはすぐに読み終わると思うのですが、長い文庫は評論になると少々時間がかかります。
そこで便利な機能として ”しおり”機能を使います。
この”しおり”機能は、どこまで読んだか”しおり”を挟む感覚です。(ブックマーク機能)

”しおり”の使い方を説明します。
途中まで読んでいるsmoopyのページ右下のマークをクリックし、”ブック”を選択します。


そして”しおりを挟む”を選択します。


するとなにやらブックマークとして保存されました。


これでどこまで読んだか保存されました。(smoopyを終了しても大丈夫です)

その後、smoopyを立ち上げ、右下のマークからブックを呼び出し先ほど保存したブックマークをクリックすると、ブックマーク保存したページを表示します。
などこの”しおり”機能は複数登録ができます。

青空文庫を楽しんでいる方には必見のリーダーです。
スポンサードリンク

関連ツール(関連サイト)

 Univiersal Viewer Free
画像ファイルからオフィス文書まで対応する汎用ビューア

ZipPla ZipPla
漫画ZIP・RARや動画ファイルをサムネイル表示して管理できる漫画ビューワ

ComicRack ComicRack
Windows Android iPad 圧縮ファイルのまま漫画をスムーズに読める漫画ビューワ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です