Process Explorer

マイクロソフトが提供する高機能タスクマネージャー。
スポンサードリンク

 Process Explorer  公式サイト 日本語化 動作環境:Windows XP/Vista/7 管理人:Microsoft



マイクロソフトが提供するUSBメモリー対応のタスクマネージャー強化版。
(標準は英語だが日本語化パッチにてUSBメモリーでも動作可能)

特徴は、アイコン付きでプロセスが表示されるので、どの名前のプロセスが稼働しているのか一目で分かる。
表示形式も特徴的でプログラムの親子関係が分かるように階層型となっており、また稼働中のプロセスも一目で分かるようにサービスプロセスは薄赤色、サービスでないプロセス(プログラム単独起動)は薄青色となっている。

稼働中のプロセスはダブルクリックで詳細情報が表示され更に詳しく調べることができる。
特に、TCP/IPなどプロセス(プログラム)が通信しているアドレスとポート番号を調べたりできるので怪しいプロセスなどの調査が可能だ。
プロセスの終了や再起動、優先度の設定なども右クリックからできる他、ダンプの作成などもできる。

「Process Explorer」はレジストリを使用していないのでUSBメモリーでも起動できた(Windows XP/7にて確認)
スポンサードリンク

関連ツール(関連サイト)

 PC WIZARD
手軽にパソコン環境を分析表示

 thilmera 7
クール高機能システム情報表示ツール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です