SetZipPW

ZIP、ワード、エクセルファイルにパスワードを掛ける。
スポンサードリンク


SetZipPW SetZipPW ダウンロード 動作環境:Windows XP/Vista/7/8/8.1

SetZipPW shot1

SetZipPWは圧縮されたZIPファイル、エクセル、ワードファイルにパスワードを掛けることができるセキュリティソフトです。
大事なファイルにパスワードを掛けて、メールなどで送る場合などに便利です。(ビジネスではパスワードを掛けて添付ファイルを送るのは当たり前です。)

パスワードを掛けられるファイル拡張子は.ZIP、.XLS、.XLSX、.DOC、.DOCXと圧縮ファイルの他、エクセル、ワード形式に対応している。
なお注意事項としてファイルに直接パスワードが掛かりますので、万が一、パスワードを忘れると恐らくですが、二度と開くことができなるなりますのでパスワードは必ず忘れないように管理することです。

SetZipPWの使い方を説明
とても簡単です。 SetZipPWを立ち上げ、ファイルをドラッグ&ドロップします。
SetZipPW shot2

すると、読み取りPW、書き出しPWにパスワードがテキスト表示されます。(変更も可能です。)(大事なパスワードになりますのでメモなど取り必ず管理して下さい。)

実行を押すと、ファイルにパスワードが掛かります。

パスワードが掛かったファイルを開こうとすると、パスワードを聞いてきます。
SetZipPW shot3

ここでは”読み取りPW”を入力して下さい。(書き出しPWではありません)
成功すると次にまた、パスワードを聞いてきます。
SetZipPW shot4

ここで開くファイルに対して編集(変更)できる権限であれば2番目の”書き出しPW”を入力します。 読み取りだけならパスワードを入力しないで読み取り専用を押すと、ファイルは見れますが、変更後の保存ができません。
万が一ですがパスワードが合わなければファイルを開くことができませんので…

このように使い方が簡単で大事なファイルを他人に渡したい場合など、簡単にパスワードを掛けて渡すことができる便利なセキュリティソフトです。

なおSetZipPWはレジストリなど使用しておらず、USBメモリーに入れて他のパソコンでも使えました(Windows7で確認)
スポンサードリンク


関連ツール(関連サイト)

 Magical Jelly Bean Keyfinder
Windowsのプロダクトキーを表示

 Archive Pass Retriever
圧縮ファイルのパスワードを解析

 Password Eye
*** など忘れたパスワードを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です