Microsoft Safety Scanner

マイクロソフトが提供するマルウェア・ウイルス対策(駆除ツール)Microsoft Safety Scannerについて インストールが不要なのでUSBメモリーから起動可能
スポンサードリンク


Microsoft Safety Scanner Microsoft Safety Scanner 公式サイト(ダウンロード)動作環境:Windows XP/Vista/7 /8/8.1/10(32/64) 管理人・作成者:Microsoft

天下のマイクロソフトが提供する便利なマルウェア・ウイルス対策ソフト。
ダウンロードファイルが既に実行ファイルとなっており、USBメモリーなどに持ち運べてウイルスやスパイウェアなどを検索・駆除できるようになっています。
注意事項としてダウンロードした実行ファイルはパターンファイルなど最新ではない可能性があるので使用する時にダウンロードして使うようにしよう。(公式サイトではダウンロードして約10日間は使えそうです)
Microsoft Safety Scanner shot1

Microsoft Safety Scannerは常駐タイプではなく、スキャンしてマルウェア・ウイルスなどを駆除するツールなので怪しいパソコンなど、チェックしたい時に用いることが可能です。なお実行時にはネットに繋がっていなくてもオフラインで利用できます。

Microsoft Safety Scannerの使い方を解説
1:ダウンロードしたMicrosoft Safety Scannerを実行します。
Microsoft Safety Scanner shot2

2:スキャンの種類を選択します。
スキャンの種類は
クイックスキャン(Windowsのシステムファイルなどウイルスやマルウェア・スパイウェアが溜まりやすい箇所を絞ってスキャン)
フルスキャン(パソコン全体をスキャン)
カスタムスキャン(特定の領域のみをスキャン)
Microsoft Safety Scanner shot3

(通常はクイックスキャンだけでも大丈夫かと思います)

なおスキャンはどうも2回行われるようです。またパソコン環境にもよると思うがクイックスキャンではかなり高速に終了した(Windows7Professional Corei5 メモリ4GBで約5分でした)
Microsoft Safety Scanner shot4

3:スキャン終了後、下記メッセージが表示されると大丈夫です。
Microsoft Safety Scanner shot5

なお今回はウイルスが検出されませんでしたが、検出されるとウイルスやスパイウェアを表示するほか、公式サイトによるヘルプやサポートへの案内なども行われるようです。

色々なトロイの木馬(マルウェア)が大流行していますが、Microsoft Safety Scannerはリアルタイム監視ではなく、その時だけのウイルススキャン・駆除ということを理解した上で使用して下さい。
(USBに入れて起動できるので、調子がおかしいパソコンなどでも簡単に実行できるのは非常に便利だと思います)
スポンサードリンク

関連ツール

マルウェア対策
マルウェア対策ソフト特集

厄介なマルウェアを徹底的に駆除、マルウェアの新入を防ぐマルウェア対策ソフトを紹介。


Emsisoft Emergency Kit Free Emsisoft Emergency Kit Free
USBメモリーから起動できるマルウェア対策ソフト

McAfee Stinger McAfee Stinger
USBメモリから起動 流行しているウイルスを駆除するセキュリティソフト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です