USBメモリーの書き込みを高速化

USBメモリーの書き込みを高速化 イメージ
ウィンドウズの設定でUSBメモリーの書き込みを高速化する手順などを紹介
スポンサードリンク

通常設定のままだとUSBメモリーや外付けハードディスクなどの書き込み速度が遅いが、Windowsの設定を変更するだけでUSBメモリーなどの書き込み速度を高速化することが可能です。(USBメモリーのパフォーマンスを向上させることが可能です)

設定方法を説明(Windows7の場合)
コントロールパネルより「デバイスマネージャー」を選択して下さい。
USBメモリーの書き込みを高速化 Shot1

次に高速化したいデバイスを選択しプロパティを選択して下さい。
USBメモリーの書き込みを高速化 Shot2

ここでポリシーより「高パフォーマンス」を選択して下さい。
USBメモリーの書き込みを高速化 Shot3

これだけの設定で、USBメモリーへの書き込み、外付けハードディスクへの書き込みなどが高速化されます。

注意事項として、この設定を行った場合ですが、機器の取り外しの際にはタスクトレイのアイコンから安全な取り外しをして下さい。(トラブル防止にて)

スポンサードリンク


関連記事ソフトなど


exFATへ変換
高速書き込みフォーマット exFATへ変換

exFATはマイクロソフトがフラッシュドライブ向けに(USBメモリーなどに)開発したフォーマットで通常のFATよりも高速に書き込みすることが可能です。

ReadyBoost
ReadyBoostでパソコンを高速化

Windowsに標準搭載されているReadyBoost(レディーブースト)でパソコン自体を高速化。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です