高速書き込みフォーマット exFATへ変換する

FAT32からexFATに変換

exFATはマイクロソフトがフラッシュドライブ向けに(USBメモリーなどに)開発したフォーマットで通常のFATよりも高速に書き込みすることができる。
スポンサードリンク

exFAT  Shot1
マイコンピュータからUSBメモリを右クリック後フォーマット


USBメモリーの最大の短所は書き込み時間が長い(遅い)ことだがUSBメモリをexFAT形式にフォーマットすると書き込み時間が短くなる。

exFATの特徴は(長所は)
書き込み時間が短い(NTFS、FAT32形式よりも短い) 空いている用量の割り当てや削除を高速に行われ、パフォーマンスが向上している。(なおNTFSが一番遅いようだ。)
1ファイルが4GB以上にも対応している(NTFSと同等)
(短所は)
標準ではWindows Vista以上のOSでないと対応できない XPは更新プログラムをインストールでなんとか対応できるがWindows2000では対応できない。
あくまでもフラッシュドライブ向けなので内蔵ハードディスクには対応できない。
exFATを使うデバイスはWindows VistaのReadyBoostを利用できない。

まとめると、USBメモリーをWindows Vista以上で使うならばexFATフォーマットをお勧めする。
出先のPCなどがWindows XPなどもまだ多くあるのでUSBメモリーを持ち歩く方にはお勧めできない。

USBメモリー フォーマットの種類や特徴など
フォーマット 書き込み速度 対応OS 容量 備考
exFAT 一番早い Windows XP SP2/SP3(更新プログラム適用)
Windows Vista,7,8,8.1,10
制限無し 1ファイルが4GB以上も保存可能
XPは更新プログラムを適用で対応
速度も速く一番良いと思う
NTFS 遅い Windows 2000,XP,Vista,7,8,8.1,10 制限無し 1ファイルが4GB以上も保存可能
Windows NT4.0の時代で遅いと思う
FAT32 早い Windows 2000,XP,Vista,7,8,8.1,10 32GB 1ファイルが4GBまでの制限有り
容量はOSの認識で32GBまで
FAT16 遅い Windows 95以降全てのWindowsに対応 2047MB Windows全てのOSに対応するが…
今時95やMeユーザーはいるのだろうか

Windows XP/Vista/7などでUSBメモリーへの書き込みなど動作が遅い場合は始めにフォーマットの確認をしてみて下さい。
USBメモリーを使用する場合、使う環境により最適なフォーマットをまずは選択することです。

現在(平成24年)、主流のOSはWindows7で市場にもUSB3.0が多く出回っております。
USB2.0と3.0を比較すると書き込み速度など圧倒的に3.0が早いですが、その機能を充分に発揮するにはUSBを挿す青いポート(3.0対応のポート)が必要となります。(Windows7 64bitから対応している)

自分の環境はWindows7 64bit USB3.0対応とWindowsXP SP3(USB2.0)の2台のマシンですが、USBメモリーは3.0を購入してUSB2.0のポート(Win XP)でも使用しています。(USB3.0フラッシュメモリーはUSB2.0のポートでも使用できますし、USBの性能自体も大幅に向上しておりUSB2.0の環境であっても購入は3.0が良いです)
最近のUSB3.0フラッシュメモリーは低価格で書き込み速度が早く、パフォーマンスが2.0と比べても大幅に向上しております。
購入するなら今はUSB3.0フラッシュメモリーです。

スポンサードリンク


関連記事ソフトなど

checkflash
USBメモリーの不良セクタを診断

USBメモリー、メモリーカードなどリムーバブルメディアの不良セクタを診断する便利なツールを紹介。


書き込みを高速化
Windowsの設定でUSBメモリーの書き込みを高速化

Windowsの設定を変更するだけでUSBメモリーなどの書き込み速度を高速化。


USBメモリーを強制フォーマット
USBメモリーを強制フォーマット

USBメモリーが認識されない場合など強制的にフォーマットして戻すツールを紹介。


高速書き込みフォーマット exFATへ変換する」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です