高機能動画編集ツール「LosslessCut」

高機能動画編集ツール LosslessCut。
スポンサードリンク


LosslessCut LosslessCut ダウンロード 動作環境:Windows Linux

LosslessCutは動画の必要な部分のみを無劣化でカットする動画編集ツールです。
不要な部分の指定ではなく、必要な範囲を指定して動画を切り取ります。
(無駄な部分が多い動画などで必要な部分のみを切り取る時に便利なツールです)

LosslessCutの使い方を解説します。
LosslessCutを立ち上げ編集した動画をドラッグ&ドロップします。
LosslessCut Shot1
すると動画を読み込みます。
編集できる動画形式はMP4、MKV、MV4、MOV、OGG、F4V、WebM
また音声形式にも対応しMP3、WAV、M4A、ACCなど。

動画のカット編集はこちらのツールで行います。
LosslessCut Shot2

始めに動画の切り取り開始部分を指定します。
切り取り開始部分でを押します。
LosslessCut Shot3

動画切り取りの終了部分でをクリックします。
LosslessCut Shot4

最後にハサミマークをクリックすると、”” から ”” までの範囲を切り取ります。
LosslessCut Shot5
動画のシークバーも少し黒い部分がありますが、ここが切り取った部分となります。

LosslessCutは動画の元ファイルはそのままで、切り取った動画ファイルは同じフォルダで別ファイルとして保存しますので万が一失敗しても安心です。
また切り取った動画形式もMP4なら同じMP4で保存されます。

直感的で分かりやすい操作なので誰でも好きな部分の動画の画質を落とさず切り取れる便利な動画編集カットツールです。
スポサードリンク

関連ツール(関連サイト)

Avidemux Avidemux
動画の不要な部分を劣化させずにカットする。

Free Video Editor Free Video Editor
動画の必要な部分だけ無劣化でコピーする。

UniteMovie UniteMovie
動画・音声ファイル結合ツール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です