誰にも見られたくないフォルダを完全に隠す「Free Hide Folder」

フォルダ隠ぺいソフトでフォルダを完全に隠すソフトの紹介。
スポンサードリンク

Free Hide Folder Free Hide Folder 公式サイト(ダウンロード) 日本語化パッチ Windows

Free Hide Folder  shot1

誰でも他人に見られたくない隠しておきたいファイルやフォルダーなどあるかと思います。 そのような時に役立つソフトがFree Hide Folderです。(フォルダー自体を隠しますので、その中にあるファイルなどは当然ながら見れません)

Free Hide Folderは無料に利用できるフォルダー隠蔽ソフトで、誰にも見られたくないフォルダーを安全に簡単に確実に隠すことができる(見えなくできる)素晴らしいフリーソフトです。(海外製ソフトですが使い方は簡単です 日本語化パッチもあります)
Free Hide Folderはフォルダーを隠したり、再表示したりと自由にフォルダーを管理することが可能で注意するのは起動するパスワードを忘れないことです。

ではFree Hide Folderの使い方を説明します。
まずソフトをインストールし、起動するとパスワードを聞いてきます。
これは今後、Free Hide Folderを利用する際の起動パスワードになります。
(絶対に忘れないようにして下さい)
Free Hide Folder  shot2
(上と下に同じパスワードを登録)

次に寄付の画面が表示されると思います。
表示されたらスキップできます。
Free Hide Folder  shot3

Free Hide Folderを立ち上げるとパスワードを聞いてきます。 初回起動時に設定したパスワードを登録して下さい。(パスワードが合わないと起動できません)
Free Hide Folder  shot4

具体的な使い方です
例えばGoogle ドライブにある秘密のフォルダーを隠したい場合ですが (USBメモリ内のフォルダーは対応しますネットドライブも対応?)
Free Hide Folder  shot5

ソフト起動し”Add”をクリックします。
Free Hide Folder  shot6

ダイアログが開くので隠したいフォルダーを選択し、OKを押します。
Free Hide Folder  shot7

するとパソコンからフォルダーが見えなくなりました。
Free Hide Folder  shot8

色々見れるようにと試したのですが見ることはできませんでした。

フォルダーを隠したまま、パソコンを再起動し確認しましたがフォルダーは隠れたままです。Free Hide Folderからでないと復元できないようですので起動パスワードは絶対に忘れないで下さい。万が一、忘れた場合などは復旧される方法は分かりませんので…

フォルダーを見えるよう元に戻すには ”Unhide” を押します
Free Hide Folder  shot9

すると復元されます。(隠したフォルダーが表示されます)

このようにFree Hide Folderを利用すると簡単にフォルダーを隠したり、隠したフォルダーを再表示したりと簡単に秘密のフォルダーを管理できることが可能です。
スポンサードリンク

関連ツール(関連サイト)

特定のファイル・フォルダを見れなくするソフト
特定のファイル・フォルダを見れなくするソフト

他人から見られたくない秘密のファイルやフォルダを確実に隠す隠蔽ソフトの紹介。


Wise Folder Hider Wise Folder Hider
ファイル・フォルダー・USBドライブを完全に隠す


Folder Protection Folder Protector
場所を選ばずどこでもファイル・フォルダーを隠すことができるお手軽隠蔽ソフト

USBメモリー対応ファイル隠蔽ソフト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です