ChromiumベースでRSSリーダーなど搭載したブラウザ「Kinza」

ChromiumベースでRSSリーダーなど搭載した高機能タブブラウザ Kinza。
スポンサードリンク

Kinza Kinza  公式サイト(ダウンロード)

Kinza shot1

Kinzaは日本製のブラウザでGoogle Chromeが採用する「Chromium」をベースとし高機能RSSリーダーなど搭載している。

Kinzaの見た目はGoogle Chromeとそっくりで、操作もまったく同じのようです。画面中央にInfoseekの最新RSSが見れるようになっているぐらい。また標準で便利なマウスジェスチャーが入っています。(設定からも変更が色々と可能です)

最近はあまりRSSを利用していないのですが、ニュースなど各種検索エンジンからの最新情報をRSSに登録するとブラウザからすぐに見れるので便利だと思います。

RSSの登録方法は、RSSリーダーにてフィードを登録(RSSのURLを登録)するとすぐに利用できます。
Kinza shot2

ここまでは他にもあるブラウザと同様だと思うのですが、Kinzaが便利な所は標準のChromeでインストールすることができない拡張機能(エクステンション)をインストール(使う)ことが可能です。
標準のGoogle ChromeではWebストアにあるエクステンションしか使用できなくなってしまったが、Kinzaでは野良拡張がそのまま使えます。
ウェブストア以外の拡張機能が使えて便利です。

通常のエクステンションはGoogle Chromeのように簡単にインストールできますが、野良拡張をインストールするには、標準では入りませんので一旦、ソフトを別フォルダなどにダウンロードします。
そしてKinzaの拡張機能を開けて、ダウンロードしたファイルをドラッグ&ドロップすると利用できます。
Kinza shot3

確認するとChromeウェブストア以外の場所からインストールされましたとなっていますが、しっかりと生きています。
Kinza shot4

インストール後、検索エンジンを確認するとFoooooと変なのが入っていますが、設定にて変更をおすすめします。
Kinzaは最新のChromiumに合わせてバージョンアップもよく実施されているようですので安心です。
便利な野良拡張を使いたい場合に便利なChrome系ブラウザです。
スポンサードリンク

関連ツール(関連サイト)

Comodo Dragon Comodo Dragon
情報漏洩・セキュリティを強化したChromeベースの高機能ブラウザ

 CoolNovo
Google Chromeベースの高機能タブブラウザ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です