WinMetro

Windows8のスタート画面をXP・7にも導入 WinMetro。
スポンサードリンク

 WinMetro 公式サイト(ダウンロード) 動作環境:Windows



Windows XP/7 ユーザーでもWindows8のスタート画面を再現できるデスクトップツール。
見た目はWindows8と同じでデスクトップ機能もそっくり再現する。

Windows8デスクトップ機能である、天気アプリ、株価アプリ、ニュースアプリ、フォトアプリや全てのプログラム表示、フェースブック・Twitterなどすぐに見れたり利用することが可能です。
また、右側にはよく利用するプログラムアイコンも表示している。

実際に使ってみて導入前のWindows7デスクトップは


かなりひどい状態だが、WinMetroを導入するとかなりすっきりして良いと思う。

WinMetroの使い方はプログラムをインストールすると自動でWindows8画面になります。また、パソコンを起動しても自動で立ち上がるようになります。

元の画面に戻す場合は、左下のデスクトップを押すか、マウスを画面の左下に移動してクリックか、デスクトップ右上の×を押すと元の画面に戻ります。

全てのプログラムを押すと


天気アプリを押すと

まさにWindows8そのままです。
その他にもファイル検索などもまさにWindows8そのものです。
Windows8の機能を7やXPユーザーでも体験できる素晴らしいソフトです。
スポンサードリンク

関連ツール(関連サイト)

 Fences
デスクトップに散らばるアイコン・ショートカットなどをグループ別に整理

 Thlips4D
WindowsVistaのフリップ3DをXP以上のPCで再現できるUSB対応ソフト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です